糖質制限に騙されるな  2

実のところ糖尿病にかなり糖質制限には用心することが大事です。

日本人の糖尿病に対するご飯療法については、日本糖尿病学会が炭水化物だけを極端に抑制することの医学的根拠が貧しいとした提議をしています。
だけどどちらも根源的に炭水化物カットや糖質カットと等しい部分が存在しています。すなわち血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)を上げにくい食品を体に取り入れるといった方法です。

ごはん・パンなどの炭水化物は、消化され吸収された後は、糖質となっていきます。

昨今、現役の医者が書いた、炭水化物を完全にカットすることを推奨する本が取り上げられ、医学的にも炭水化物をカットすることが判明されているかのような評議が展開されるようになってしまっているものです。
“炭水化物を、できる限り控える”とした減量法は、太っている人にドクターが教える手ほどきの一つとして知られていることが多いです。

というのも肥満体型の人は、大体、炭水化物をとり過ぎる傾向にあるからです。

けれども、それについては医学では肯定されていることでは無く、筆者の自説であるといえます。

非常に滅茶苦茶な説で「ドクターが言うことか?」などのバッシングも上げられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>