ダイエットはメディアに取り上げられすぎ  8

「○○するだけでやせる」など、目新しくてすぐにでき沿うなダイエット(次々に新たな方法がブーム(流行のサイクルってどうしてあんなに短いんでしょうね)になっては消えていきます)法を紹介した本は、即座にミリオンセラーとなり、テレビで話題にされて、あっという間に広い範囲でのブーム(流行のサイクルってどうしてあんなに短いんでしょうね)になります。

飲むだけで減量するといったダイエット(次々に新たな方法がブーム(流行のサイクルってどうしてあんなに短いんでしょうね)になっては消えていきます)食品などは、今でも陳列されていることが多いですが、真実性が不確かなものも存在しています。
これをトリガーとなり、この局とは別の番組で取りあつかわれたダイエット(次々に新たな方法がブーム(流行のサイクルってどうしてあんなに短いんでしょうね)になっては消えていきます)法でも、データの改ざんが次々に露見。

政府からの警告を受けて、テレビ局の社長が辞職するといった状況にまで至っています。
視聴率が伸びるだけのために、皆さんの健康を深刻化指せるような情報を無責任に流す、一部のメディアの適当な報道姿勢を我々国民は知りました。

記憶に残っているところでは平成18年(2006年)、某テレビ番組が「白いんげん豆ダイエット(次々に新たな方法がブーム(流行のサイクルってどうしてあんなに短いんでしょうね)になっては消えていきます)」を取り上げ立ところ、それを実践した人が吐き気や下痢などに襲われることが起き、158人にも昇る被害が出ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>